視える世界が変わる

視力を取り戻す

視力回復の方法

視力回復の方法は、いくつかあります。道具を使う方法、手術をする方法、視力を治す効き目のあるサプリを飲む方法……。
たとえば、いちばん最後に挙げたのは例のブルーベリーのこと。ブルーベリーという果物が目に良いという話は聞いたことがある人も多いでしょうが、視力を回復させることが出来るという謳い文句で出ているブルーベリーサプリもあるのです。確実かどうかはともかく、確かにブルーベリーには目に良い影響をおよぼすものですから、視力回復の方法のひとつとして挙げておいて間違いはないでしょう。
視力回復の方法として、ぜったい間違いないのは、道具を利用するもの。実際、今多くの人が使っているであろうメガネやコンタクトレンズといったアイテムは、それを身につけているときに視力を回復させることが出来る物です。メガネなどは人間が発明したアイテムの中でも実に見事にできている物のひとつです。鼻の頭に置いて目の前にレンズを持ってきて、つるを耳にかけて固定するというのは、とても機能的です。
コンタクトレンズは、眼球に直接はりつけることでメガネを掛けたくない人や運動をする人などに好まれています。ファッション的にどうしても今日はメガネは合わないというとき、コンタクトを着けることで視力回復を図ることが出来るのです。

手術で回復

レーシック手術は、何かを食べるのでも飲むのでもなく、着用するのでもなく、文字通り手術によって視力回復をすることが出来るというものです。もちろん見えなくなったものを見えるようにすることが出来るわけではなく、メガネやコンタクトのように、視力が下がって物が見えにくくなったという人に、再び鮮明な視界を提供してくれるのが、レーシック手術というものなのです。
レーシックは、メガネをかけたり外したり、拭いたりクイッと上げたりする必要もなく、コンタクトレンズを眼球に貼りつけたり剥がしたり、そっと液につけて保管する必要もありません。すべてが終わった次の日、目を覚ますとそこは何もしなくても鮮明に見える世界。メガネやコンタクトが必要でなかった頃の視界を、取り戻すことが出来るのです。

手術前の検査

レーシックで視力回復をきちんと成功させるためには、手術前の検査をしっかりと受けなければいけません。そもそもレーシック手術に適応するかどうかということを、検査によって知る必要があるのです。

READMORE

レーシックの料金

視力回復のためにレーシックを選んだ時の料金については、各クリニックに確認しましょう。自由診療なので、まちまちなのです。安い治療ではありませんが、民間保険の活用などで負担を軽減することは出来ます。

READMORE

眼球の手術

メガネを掛ける、コンタクトをつける。レーシックは、それらとは違う考え方に基づいた方法で、視力回復を実現します。すなわち、眼球そのものを鮮明に見えるように戻してくれる手術を行うのです。

READMORE

レーシック向きの人

さまざまな視力回復の方法がある中で、どんな人があえてレーシックを選ぶのにふさわしいのかというと、簡単にいえば「メガネやコンタクトでは治療が間に合わない人」であると言えます。

READMORE

点眼麻酔でリラックス

視力回復のための手術は、点眼麻酔で始まります。「目を触られるのは痛いのではないか」という不安を抱えている人がいると思いますが、大丈夫です。この麻酔なら痛くありません。リラックスして手術を受けられます。

READMORE

メニュー