点眼麻酔でリラックス

目への麻酔

手術というのは、視力回復のために行われるものであれ、盲腸を治すためのものであれ、体をひらいて必要なことを行い、また閉じるというのが基本です。盲腸を切除するためにお腹を開く。角膜を削るために眼球の表面にレーザーを照射する。もちろん、何の準備もなくいきなりメスでお腹を裂いたりレーザーを撃ちこんだりするのは、とても危険です。何しろ、それはとてつもなく痛いことだからです。人間の体には、濃淡はあれあらゆる場所に痛覚が備わっていて、麻酔もなしに何かをしようとすると痛いわけです。逆に言えば、麻酔をした上で手術を行うと、痛みを感じることもないのでショックやパニックに陥ることがなく、安全です。もちろん、レーシック手術の場合には上にも書いたように眼球をいじって視力回復を図るものですから、眼球に対して麻酔が打たれることになります。全身を眠らせる麻酔ではなく、眼球だけに効く局所麻酔が打たれます。
ところで、「局所麻酔」と言われて多くの人が思い出すのは注射で麻酔薬を注入して行う方法でしょう。「だとするなら、やっぱり痛いんじゃないか」と思う人もいるのではないでしょうか。眼球に注射なんていかにも痛そうだ、と。

痛くない麻酔

ただ、安心して欲しいのは、眼科クリニックでは痛い麻酔は基本的に行わないということです。基本的に、視力回復のレーシック手術の場合には「点眼麻酔」という方法が用いられます。「点眼」というのは、早い話が「目薬」のことです。麻酔のはたらきがある目薬をさして、眼球をしびれさせて無感覚にするというのが点眼麻酔なのです。感覚がなくなり、レーザーを当てられても痛みを感じず、手術をリラックスして過ごすことが出来ます。局所麻酔ですから意識ははっきりしていて、しかも眼球の手術ですから何が行われているか一目瞭然ですが、目は、あまりにも近くにあるものに対しては視力を発揮することは出来ませんから、意識してしまうということもないでしょう。おちついて、視力回復の手術が完了するのを待つことが出来るのです。