レーシック向きの人

選ぶべき人

視力回復の方法はひとつではありません。これを選ばなければならないと決まっているわけではありません。自分が納得できる方法で、あるいはこれでやりたいと思える方法で、視力回復を果たしていきましょう。たとえば、最近ではメガネ男子がモテると言われていますし、メガネ女子だって知的な雰囲気を醸し出して点数は高いと言えるでしょう。コンタクトはカラー付きのものを気分に合わせて付け替えてみると、その都度、雰囲気をがらりと変えることが出来て楽しいものとなるでしょう。
とはいえ、最終的には本人の自由ではありますが、「出来ればあなたはこの方法を選ぶべき」と言われることも、たまにはあります。
レーシックによる視力回復については、それが「向いている人」というのがいます。むしろ、これまでメガネやコンタクトしかなくて不便していた人もいるわけで、そういう人にとっては、レーシックこそが……レーシックだけが、視力回復のための方法なのです。

条件について

たとえば、最近では世界中のスポーツ選手がレーシック手術を選択しています。一瞬の集中力が必要となるスポーツで、メガネがずり下がったりコンタクトがずれたりするかもしれないというのは、あまりに大きすぎるリスクです。そういうわけで、レーシックによって裸眼を直接視力回復させるというのが流行っているのです。あるいは、左右どちらかの目だけ視力が下がってしまったという場合には、片方だけにコンタクトをつけたり、片方だけ度が入ったメガネをかけたりとなかなか大変です。そんなとき、レーシックなら悪い方だけを良くしてくれて、バランスをとることが出来るようになります。
また、いろんなアレルギーなどでコンタクトやメガネがNGだという人にも、レーシックはおすすめの視力回復方法です。たとえば、花粉症の人はコンタクトをつけると目が痒くなったり、メガネのレンズについた花粉が絶え間なく目に入ってわずらわしかったりと、不便なことがたくさんあると言われています。そんなときも、レーシックで治すだけでそれらの煩わしさからは解放されるのです。